大手銀行とネット銀行の金利と各種手数料を表で比較

大手銀行・ネット銀行 各種手数料比較

大手銀行(三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行・新生銀行)、ネット銀行(ジャパンネット銀行・イーバンク銀行・ソニー銀行・住信SBIネット銀行・セブン銀行)の金利、ATM引き出し手数料、振り込み手数料などについて、表で分かりやすく比較しています。

ネット銀行の金利と手数料比較

スポンサーサイト
 
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
りそな銀行
新生銀行
ジャパンネット銀行
楽天銀行(イーバンク)
ソニー銀行
住信SBIネット銀行
セブン銀行
 
ネット銀行で個人的にお薦めできると思うのは、現時点ではなんといっても「住信SBIネット銀行」ではないかと思っています。「住信SBIネット銀行」は、ATMでの引き出し手数料、自行・他行あて振り込み手数料どちらにおいても、無料もしくはもっとも低い手数料となっております。
「住信SBIネット銀行」が急激に口座数を伸ばしている理由が、この各種手数料が無料もしくは最も安価だというところにあります。
例えば大手都市銀行に持っている口座から、月に1度必要となる金額を「住信SBIネット銀行」へ振り込み、ATMでの引き出しや他行宛の振込みはすべて「住信SBIネット銀行 」からにすると各種手数料はかなり抑えられます。
この各種手数料、調べてみれば分かるのですが、1年間で換算するとかなりの額になっている場合が多いです。引き出しや振込が多い方は、年に万単位の節約になります。

  ジャパンネット銀行 楽天銀行
(イーバンク)
ソニー銀行 住信SBI銀行 セブン銀行
引き出し手数料無料のATMと無料の回数

三井住友、am/pm、セブン、イーネット設置ATM。
月0〜6回

ゆうちょ銀、セブン銀、イオン銀。預金残高により無料回数が
月0〜7回

三井住友、am/pm、三菱東京UFJ、ゆうちょ銀が月4回まで。
セブンは制限なし

セブン銀制限なし。ゆうちょ銀、ローソン、イーネットATM5回/月 セブン。
平日、土日祝ともに午前7時〜午後7時は制限なし
引き出し無料の回数や時間を超えた場合の手数料 105〜367円 セブン銀、イオン銀は210円。
ゆうちょ銀は262円
105円 105円 105円
ゆうちょ銀ATMでの平時昼間の引き出し手数料 105〜262円 無料〜262円 無料〜105円 無料 105円
自行他店宛振込み手数料(3万円以上、ネットバンク利用で) 52円 50円
楽天スーパーポイントを振込手数料として利用できる。
無料 無料 52円
他行口座宛振込み手数料(3万円以上、ネットバンク利用で) 262円 250円
楽天スーパーポイントを振込手数料として利用できる。
210円 150円
(月3回まで無料)
210円
普通預金金利(年) 0.06〜0.1% 0.05% 0.02% 0.06% 0.09%

ゆうちょ銀ATM・セブン銀ATM以外のATMで引き出しが多い方は、「ジャパンネット銀行」「ソニー銀行」という選択もあります。この2つのネット銀行は他行と比べて引き出せるATMが多彩とっています。

また、公共料金やクレジットカードの引き落としに充分に対応しているネット銀行は、現在のところ「ジャパンネット銀行」だけとなっています。

ネット銀行で外貨預金や投資信託を購入したい場合は、もっともサービス面・ラインナップ面で充実しているのは「楽天銀行」と「ソニー銀行」となっております。

ネットバンクの賢い利用の仕方としては、現在の「住信SBIネット銀行」の各種手数料が無料もしくは最も安価、ということを上手に使って、各ネット銀行を含む銀行口座へ必要に応じて振り込むという使い方がベストではないかと個人的には思っています。

 

大手銀行の金利と手数料比較

大手銀行で各種手数料を比較した場合「新生銀行」が最もお得な銀行ということになります。そして2番目に「りそな銀行」がお得ということになります。ただし、預金引き出しの点では利用可能ATM設置店舗などが少ないのが若干難点ではあります。
コンビニのATMで預金を引き出す機会が多い方は、「三菱東京UFJ銀行」がもっとも提携コンビニが多いので良いのでは。

振り込み手数料を比較した場合も、やはり「新生銀行」「りそな銀行」がお得です。他行宛振り込み手数料を比較した場合は、この2つの銀行が圧倒的に手数料が安いですね(インターネットバンキング利用の場合)。上記のネット銀行を利用するよりも安くなっています。

  三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 みずほ銀行 りそな銀行 新生銀行
自行ATM引き出し手数料無料の時間帯

平日午前8時45分〜午後6時

平日午前8時45分〜午後6時(毎月25・26日は終日)

平日午前8時45分〜
午後6時

365日24時間無料
(いつでも無料)
365日24時間無料
(いつでも無料)
上記時間帯に引き出し手数料無料となるコンビニATM

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、ポプラなど

am/pm なし なし セブンイレブン
ゆうちょ銀ATMでの平時昼間の引き出し手数料 105円 無料 105円 105円 実質無料
(後日キャッシュバックされる)
自行他店宛振込み手数料(3万円以上、ATM・ネットバンク利用で) 無料 105円 210円 ATMは100円
ネットバンクは無料
ネットバンクは無料
ATMは取り扱いなし
他行口座宛振込み手数料(3万円以上、ATM・ネットバンク利用で) ATMは420円
ネットバンクは315円
420円 420円 ATMは400円
ネットバンクは100円
ネットバンクは月3回まで無料、以後300円
ATMは取り扱いなし
普通預金金利(年) 0.2% 0.2%

0.2%

0.2% 0.11〜0.35%
(各種手数料は2009年3月現在のものです)

ネット銀行を含めて、各銀行の手数料の違いを比較し、預金をする銀行口座、ATM引き出しに使う銀行口座、振り込み用銀行口座を上手に使い分けるのが良いと思います。

上記でも書きましたが、引き出し手数料や振り込み手数料を1年で合算するとかなりの額になっている人も多いはずです。個人事業主の方々は確定申告時にその手数料の多さに気づく方も多いと思います。
ですから、銀行口座を複数持ち、目的別に上手に使い分けることによって経費の削減、無駄な支出の削減につなげてみてはいかがでしょうか。

【当サイトで取り上げた銀行のウェブサイト】
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
りそな銀行
新生銀行
ジャパンネット銀行
楽天銀行(イーバンク)
ソニー銀行
住信SBIネット銀行
セブン銀行



大手銀行・ネット銀行 各種手数料比較

当サイトは、都市銀行などの大手銀行、ネット銀行の預金引き出し手数料や振り込み手数料などを表にして、なるべく分かりやすく比較しています。尚、各種手数料等の数字は2009年3月時点のものとなっております。なるべくこまめにチェックをしてまいりたいと思いますが、もし数字等の間違いに気づかれた場合は下記メールアドレスへご連絡いただけますと幸いです。
また、その他のご連絡や相互リンクなどにつきましても、下記メールむアドレスあてにご連絡ください。

問い合せ先メールアドレス:info●●buy-king.net ご面倒ですが「●●」を「@」へ置き換え下さい。

【銀行・金融関連ニュース】
・住信SBIネット銀行株式会社は、個人向け無担保ローン商品「ネットローン」の残高が300億円を突破したことから、日頃のご愛顧に感謝し、以下の通り「ネットローン残高300億円突破記念 総額333万円大抽せんキャンペーン」を実施いたします。キャンペーン期間 平成23年11月1日(火)〜平成24年1月31日(火)。(11月9日)
・住信SBIネット銀行は10日から、期間中に当社の外貨預金口座を開設し、外貨普通預金、または外貨定期預金へ一度に1,000通貨以上(香港ドル・南アランドは10,000通貨以上)預入れるともれなく1,000円をプレゼントするキャンペーンを実施している。(10月24日)



[関連サイトなど] ヤフーカテゴリ「銀行」 銀行系キャッシング比較 クレジットカード海外旅行保険 All About「預貯金」 マイル・ポイント比較年会費無料クレジットカード 人気の無料ETCカード比較 MNS「預金・貯金」 ノーロード投資信託 多重債務の解決方法
振込手数料が安かったり、金利が高いなどの理由から、昨今ネット銀行へ口座を開く方が多くなっています。そのネット銀行とは、どのような銀行かというと、市中などに実店舗を持つことなく(営業上必要な店舗を持つことはある)、主としてインターネットや携帯電話を利用して取引の提供を行う銀行のことです。振込や振替などの取引はインターネット取引やテレフォンサービスを利用します。現金の入金(預け入れ)や出金(引き出し)は、自社や他社の提携ATMを使って行います。このように実店舗を持たないことから、人件費や店舗に関する費用などのコストを削減できることから、「振込などの手数料が安い、預金金利が高い」などといった特徴を実現しています。
Copyright(c)2008大手銀行・ネット銀行 手数料比較 All Rights Reserved.